世界経済評論IMPACT(世界経済評論インパクト)

No.2145
世界経済評論IMPACT No.2145

メコンデルタの干ばつとベトナム農業の新展開

高橋 塁

(東海大学政治経済学部 教授)

2021.05.10

頻発するメコンデルタの干ばつと農業被害

 2019−2020年のメコンデルタの干ばつ,塩害の被害はベトナムの歴史に残る記録的なものとなり,その原因としては雨期雨量のほか,メコン河上流の中国の大規模ダムにおける水資源使用と貯水の影響もあったことが指摘されている。ベトナム農業農村開発省災害管理総局の報告書によれば(注1),この干ばつにより33万2,000haの冬春米生産,13万6,000haの果樹生産が影響を受けたとされる。また15万8,900世帯が家庭用飲料水不足のリスクに直面した。上記の報告書で最も念入りに報告されているのは塩害についてである。今回の塩害はメコンデルタに流れ込むメコン河の流量が減ることで南シナ海に通じる河口から塩水が逆流し,「塩水くさび」現象が発生してメコンデルタの農地に深刻な塩害をもたらしたと考えられる。

 メコンデルタでは2015−2016年にもエルニーニョ現象に伴う大規模干ばつが発生した。2019−2020年の干ばつは,それからわずか3年の間隔を経て発生しており,その苛烈さも増している。干ばつに伴う塩害についても,塩水遡上は2015−2016年にくらべ深刻になっていて(例えば2020年2月29日のデータではメコン河河口で4~15km遡上),農作物の収穫に大きな被害を与えたとされる(上述の報告書)。

「防御」から「適応」へ

 こうしたメコンデルタの干ばつ,塩害に対してベトナム政府の対応にも変化がみられる。従来は干ばつ,塩害を防ぐことに主眼を置いた対応だったが,干ばつ,塩害の過酷な被害を踏まえ,それらに「適応」する農林漁業の構築,「防御」から「適応」への転換が意識されるようになった。

 具体的には,当時90年に一度といわれた2015−2016年の干ばつ,塩害の後,ベトナム政府は「適応」という新たな方向性をあげたのである。2017年11月17日には「メコンデルタの持続的・気候適応的発展に関する政府決議120号(Resolution No. 120/NQ-CP of November 17, 2017)」が公布され,それを実現する具体的プログラムが,2019年4月13日の「首相決定417号(Decision No. 417/QD-TTg dated April 13, 2019)」で示された。メコンデルタの農民たちもそれに伴い,"thuận thiên(天に従う=気候に適応する)"をモットーにして,干ばつ,塩水侵入に強い作物の作付(耐塩性や早稲の稲品種作付,短期生育の蔬菜やドラゴンフルーツ等比較的塩害に強い果樹の栽培),エビ養殖への転換を模索,実施するようになっている(注2)。

ベトナム農業の新展開

 以上の干ばつ,塩害に伴う作付転換は,これまで稲作中心であったメコンデルタ農業に高付加価値農業への転換という契機も与えている。干ばつによる乾季の塩水侵入は低海抜地を塩害のリスクにさらすが,こうした塩害への対応の中で既述の蔬菜や果樹への作付転換,エビなど水産養殖への転換が進む。これは別の観点からみれば付加価値の高い作物,業種への転換が進むことを意味する。ハーバード大名誉教授のC.P. Timmerは経済発展に伴う農業部門の変化として,付加価値の高い作物への作付シフトを指摘したが(注3),ベトナム農業も市場経済化,国際化の中で高付加価値農業を主とする路線へ舵を切りつつあった。干ばつ,塩害への農業適応は,そうした動きを決定づけ,促進したのかもしれない。

 メコンデルタの稲作についても海岸線に近いところでは対塩性品種が栽培されるが,海岸線から比較的離れた地域では高品質米や香り米が栽培されるようになった。しかし農業高付加価値化の動きに伴い新しい問題も顕在化している。例えば香り米についてはソクチャン(Sóc Trăng)省で開発されたST25(STはSóc Trăngの略)が昨今注目を浴び,ベトナムでは本品種の開発者(Hồ Quang Cua氏:元ソクチャン農業農村開発局副局長)の名から"gạo ông Cua(クアさんの米)"と呼ばれて親しまれている。ST25は2019年にマニラで開催された世界最優秀米品評会で最優秀賞を獲得した優れた品種だが,最近アメリカ,オーストラリアの企業がST25を商標登録するとの報道がなされ,ベトナムの優れた米品種を守る態勢についての議論がにわかに活発化してきた(注4)。こうした新たな問題については今後機会を改めて詳しく論じていきたい。

[注]
  • (1)Báo Cáo Tông Hợp Tình Hinh Hạn Hán, Xâm Nhặp Mặn Khu Vực Miền Nam 2019-2020 (Cập nhật đến ngày 02/3/2020)[南部の干ばつと塩害拡大に関する総合報告書2019−2020年(2020年3月2日更新)]http://phongchongthientai.mard.gov.vn(2021年5月3日閲覧).
  • (2)https://kinhtenongthon.vn/nong-nghiep-dung-huong-thuan-thien-nong-dan-kham-kha-hon-post41010.html(2021年5月3日閲覧).
  • (3)Timmer, C.P. "Farmers and Markets: The Political Economy of New Paradigms." American Journal of Agricultural Economics. 79, no.2(May 1997), 621-627.
  • (4)https://tuoitre.vn/gao-st24-st25-bi-dang-ky-nhan-hieu-o-uc-viet-nam-trien-khai-bien-phap-khan-cap-2021050310174753.htm(2021年5月3日閲覧).
(URL:http://www.world-economic-review.jp/impact/article2145.html)

関連記事

高橋 塁

新興国

etc.

アジア・オセアニア

最新のコラム

おすすめの本〈 広告 〉