世界経済評論

最新刊目次

世界経済評論 2021年7・8月号

特集 グローバル化の評価と行方:進・資本主義への鼓動

寺島実郎が語る 産業資本主義後の価値基準と新ルール形成寺島実郎
日本総合研究所 会長
グローバリゼーションという「新技術」を活かすために椋  寛
学習院大学経済学部 教授
歴史から考える「グローバリゼーションの終焉」柴山桂太
京都大学人間・環境学研究科 准教授
日本経済のグローバリゼーション:実態と影響浦田秀次郎
早稲田大学 名誉教授
グローバリゼーション新次元:米産業界の軌跡と今後鈴木裕明
国際貿易投資研究所客員研究員
金融グローバリズムがけん引する資本主義はサステナブルか?水上武彦
CSV 開発機構 副理事長
[Full-fact]
 日米のグローバリゼーションの違い高橋俊樹
国際貿易投資研究所 研究主幹
劇論Society5.0
 ニューノーマル時代のデジタル経営森川博之
東京大学大学院工学系研究科 教授
時事刻々
 米国の対中規制強化と日本への影響杉田定大
日中経済協会 専務理事
革論新叢
 火星へ行こう鶴岡秀志
信州大学先鋭研究所 特任教授
コラム
 畠山襄さんを偲ぶ ─「自由貿易の王道」を進め─前田茂樹
駐キルギス共和国 特命全権大使
 グローバリゼーションの中,マイウェイを行く And did it my way今川智美
ビジネス・ブレークスルー大学大学院 助教
連載コラム・Chat Biz-USA
 米国大企業に見捨てられつつある「失われた」共和党小田部正明
早稲田大学商学部・ハワイ大学マノア校シドラー・ビジネスカレッジ 兼任教授
連載コラム・Insight America
 「海ゆかば」,リヒャルト・ゾルゲ佐藤紘彰
翻訳家,コラムニスト在NY
書評
 大島正太郎 著『日本開国の原点:ペリーを派遣した大統領フィルモアの外交と政治』安部憲明
外務省経済局 国際貿易課長
 朽木昭文・富澤拓志・福井清一 編著『米中経済戦争と東アジア経済』石川幸一
亜細亜大学 特別研究員
巻頭言
 ビジネスの姿:地球と地域の持続可能性に向けて更家悠介
サラヤ(株) 代表取締役社長
2021年06月15日発売 B5判 94頁 定価1,296円(税込)

世界経済評論IMPACT