世界経済評論

最新刊目次

世界経済評論 2019年5・6月号

特集 腕ずく米通商政策の帳尻

米中間選挙後の経済通商政策を占う秋山士郎
ジェトロ海外調査部海外調査計画課 課長
日米貿易交渉の開始と今後の展望菅原淳一
みずほ総合研究所政策調査部 主席研究員
米通商政策に対する在米企業対応渡辺亮司
米州住友商事ワシントン事務所 シニアアナリスト
NAFTA 改定が日本企業に与える影響
:工業製品を中心に
福山章子
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 チーフ通商アナリスト
米国のTPP11への参加の条件とその効果
:米国のTPP 復帰を導くための日本の戦略とは何か
高橋俊樹
国際貿易投資研究所研究 主幹
[新連載]劇論Society5.0
 ライン・ビルダーは製造業IoT 化の一翼を担い得るか榎本俊一
関西学院大学商学部 准教授
コラム
 山澤逸平教授とAPEC の発展浦田秀次郎
早稲田大学 教授
石戸 光
千葉大学 教授
連載コラム・Insight America
 アメリカの民主主義と大統領佐藤紘彰
翻訳家・コラムニスト在NY
連載コラム・Chat Biz-USA
 アメリカの大学研究教育制度の知られざる「現状」小田部正明
テンプル大学フォックス経営大学院 教授
論文
 外国人による日本論の味わい安部憲明
外務省経済局政策課企画官
 いま,なぜ,企業理念なのか?新 将命
㈱国際ビジネスブレイン代表取締役
書評
 高橋信弘編著『グローバル化の光と影
―日本の経済と働き方はどう変わったのか』
古川純子
聖心女子大学 教授
巻頭言
 ポスト大阪G20畠山 襄
国際貿易投資研究所 理事長
2019年04月15日発売 B5判 86頁 定価1,296円(税込)

世界経済評論IMPACT