世界経済評論IMPACT(世界経済評論インパクト)

No.2751
世界経済評論IMPACT No.2751

2022年米国中間選挙暫定総括

鷲尾友春

(関西学院大学 フェロー)

2022.11.21

 鳴り物入りの米国中間選挙,事前予想と異なって,上下両院共で民主党が踏ん張っている(本稿執筆時の11月13日現在,上院では民主50~51,共和49~50の線で落ち着きそう。下院でも,NY times 予測では,民主216前後,共和219前後の,文字どおりの僅差)。結果,バイデン政権は,議会での指導権を失わずに済みそうな雲行き。

 こうした状況下,筆者としては,いささか早過ぎ,且つ,無謀であることを承知で,今回中間選挙の暫定総括を試みてみたい。

 総括の視点・尺度は,以下の6点である。

 第1は,今回の中間選挙も,結局は陰の主役がトランプであったこと。

 米国司法の追求はしつこい。しかも,複数の機関が,同一の獲物をめがけて,何重もの攻囲網を仕掛けてくる。トランプ前大統領は,連邦司法省,ニューヨーク州検察当局,それに連邦議会等など,各種機関から,多くの問題で糾弾される立場に追い込まれている。トランプが,これらの追求から逃れる途はただ一つ,それは連邦議会に対するビッグ・インフルエンサーとしての立場を確立し,且つ,次期大統領候補として,己の姿を誇示すること。トランプが,性急すぎる程に,今回選挙で自身の影響力を示したがったのは,そんな思惑があったからではなかろうか。だが,トランプの思惑も,結果は裏目に出た。

 連邦上院選ではトランプが推薦した候補がペンシルベニア,アリゾナ,ニューハンプシャーで敗北,それにジョージアも想定以上に接戦化。知事選でも,トランプ推薦の共和党候補が,ウイスコンシン,ミシガン,ミネソタ,ネバダ,アリゾナで敗北。州内務長官選挙戦でも,トランプ推薦候補たちは,ミシガン,ネバダ,ミネソタなどで敗北を重ねている。

 こうした現状に,共和党の一部からはトランプと距離を置くべきだとの声が上がり始めた。とはいっても,トランプに忠誠心を示す共和党員も依然多い。

 トランプも,こうした自身を取り巻く状況の変化を受け,早々と「共和党各層に,自分の側に付くよう」圧力をかけ始めた模様。こうした動きが行き過ぎると,共和党内で,今後,一波乱起きる可能性も出てこよう。

 第2は,上記とも関連するが,共和党のアイデンティティ・クライシスの可能性だ。現在の米国では,極大雑把に言って,“マイノリティー・女性・若年層・低学歴・低所得”の民主党対“白人・男性・高齢・高学歴・高所得”の共和党,という対立構図が基本となってしまっている。

 トランプは,こうした構図を前提に,“Forgotten people never forgotten again”をスローガンに,低所得白人層を取り込んできた。そして,そうして築きあげた自己の,岩盤ともいうべき政治基盤を基に,従来の共和党支持層を説得,自己への支持を半ば強要してきたのだが,今や,そのトランプ支持基盤が共和党にとって,鬼っ子的存在に育っているというわけだ。

 第3は,今回,民主党はかなり上手くやった。しかし,だから2024年の大統領選挙でバイデン支持の声が党内で高まるかというと,必ずしもそうは思えない。

 バイデン大統領は,選挙が自己への信任投票化する事態を避けるため,もっぱら選挙戦は各候補者の独自の戦いに委ね,党本部は,女性票と若年層取り込みのため,“中絶許容”と“民主主義の危機”を前面に出す努力に専念,広告費用などを潤沢に提供したが,バイデン大統領自身を押しだしての大量動員などは極力控えてきた(終盤戦のオバマ・バイデンのセット運動は別として)。

 故に,当選を果たした各議員たちにとっては,大統領の助けなく,自分で勝ち抜いた意識が強く,それが結局は,以後の議会政局において,大統領の指導力に必ずしも服さない行動となって表れるのではないか,との懸念が出てこよう。

 巷間,トランプに勝てる民主党候補はバイデン,との評価が定着しており,皮肉なことに,トランプが次も出てくるなら,対抗上,バイデンも出るが,共和党候補が新人になれば,民主党も新人で対抗するという構図は,十二分にあり得るわけだ。要は,自身の年齢に鑑みて,2024年,バイデン自身が,不出馬の決断をする,そんな可能性も払拭出来ない。

 第4は,今後,米国政界を世代交代の波が急速に襲う可能性だ。トランプ大統領はまもなく80歳になる。下院民主党のペロシ議長も80歳代。議会上院の民主・共和両党トップも高齢者。彼ら全員が,早晩,政界引退の歳頃なのだ。

 加えて,今回中間選挙で,民主党を踏ん張らせた有権者層は,どちらかといえば若者と女性だった。従って,今後,彼らの発言力が増大するのは目に見えている。そうした圧力に押される形で,米国政界の世代交代が急速にやってくるのでは・・・。

 第5は,今年後半から来年前半にかけて,米国の景気が下振れする可能性がある。米国企業の売り上げが減少,情報産業の業績も悪化,金融機関も息切れ,だから経済も下振れし,失業率も下げ止まり,給与も上がらない・・・。そうなると,国の債務負担上限枠の拡大立法,何らかの企業救済策の施行,住宅ローン救済や家賃高騰対策等など,バイデン政権としても,更なる政策対応を余儀なくされる事態となろう。内政課題も山積というわけだ。

 第6は,ウクライナの戦場が冬期に入り,その利を生かそうとウクライナがロシアに挑む,そんな時期が来ている。中国でも,習近平が3選を果たし,バイデン民主党が議会統制の権限を失わずに済んだという意味で,米中共に,対立を整理・固定化・安定化させる仕組みを,改めて模索するタイミングを迎えている。11月14日のG-20の会合で,米中首脳間の対面会議が行なわれたのは,外交を再度可能にしつつある基盤が,漸く,整い始めた証左なのではあるまいか。

(URL:http://www.world-economic-review.jp/impact/article2751.html)

関連記事

鷲尾友春

国際政治

アングロアメリカ

最新のコラム

おすすめの本〈 広告 〉